1. <source id="v2684"></source>
      <source id="v2684"></source>
    2. <rp id="v2684"></rp>
        <video id="v2684"><tbody id="v2684"></tbody></video>
        1. <video id="v2684"></video>
          1. 株式會社フジクラ

            1. Home
            2. ESG
            3. 消費者課題

            ESG

            社會

            消費者課題

            フジクラクオリティ方針

            「フジクラ クオリティ方針」(2019年4月改訂)

            品質保証體制

            フジクラ の各事業部、國內?海外のグループ會社は、ISO9001などの品質マネジメントシステム(QMS)をベースとして、全社的なTQM活動を展開し、お客様の信頼と期待にお応えしています。
            フジクラは、品質保証擔當役員が主催する全社品質戦略會議及び品質保証責任者會議を定期的に開催し、品質方針や品質目標、品質KPIの決定、品質に関する課題に対する審議?決定を行っています。また、社內品質保証監査では、各カンパニーおよびグループ會社を対象に、ものづくりの改善狀況及びQMSの運用狀況について監査を行っています。

            顧客品質情報

             クレームは、お客様にとって最も望ましくないことであり、フジクラではその低減を最重要項目として継続的に取り組んでいます。フジクラグループは、製造の多くを國內外のグループ會社で行っており、クレームの再発防止のために、グループ會社と連攜して原因究明と対策を実施しています。2013年度の社內カンパニー制移行に伴い、品質に関するKPIを導入し、統一基準のもとで、當社グループ全體の品質を捉え、改善に取り組んでいます。
             なお、重大クレームが発生した場合には、速やかに、品質保証擔當役員および経営者に報告し、特別編成チームによる原因追求を行うなど、お客様への影響を最小限にするための処置をとっています。フジクラグループは今後とも「重大クレームゼロ」を目標に掲げ、グループの品質保証活動を進めていきます。

            品質管理教育

             フジクラは、人財育成計畫の一つとして、若手技術者を対象とした品質管理教育を実施しています。品質管理教育では、「すぐに使える」を目的に、実踐に役立つ品質管理の基礎能力の獲得を図っています。また、研究開発部門には、職務上の必須事項と位置づけ、新入社員教育から統計的品質管理教育を実施しています。
             また、フジクラは、2015年度から、QC検定等の資格取得を推進し、多くの合格者を出しており、品質管理の人財育成を図っています。

            品質管理教育

            製品安全への対応

             製品の安全性は極めて重要な要素であり、「製品事故」はあってはならないことです。フジクラでは、「消費生活用製品安全法(消安法)」に規定される製品事故が発生した場合、経営者並びに関係官庁等へ報告するとともに最優先で緊急対応ができる體制を整備しています。
             また、フジクラは、再発防止?未然防止の観點から、製品安全リスクアセスメントツールを活用し、設計プロセス、製造プロセスを中心に製品安全活動を進めています。さらに當社は、全グループ會社に対して、製品安全活動でリスクを見える化するのに有効な「R-Map手法」の活用支援を行っています。

            ガバナンス體制
            2019年度當初(同年4月1日付け)で組織改正を実施し、品質保証部門は社長直轄組織といたしました。また 品質マネジメントシステムの強化及び品質保証部門の獨立性を確保するため、各カンパニーについてそれまで各事業部門の配下であった品質保証組織(部、室、課)を、カンパニーの品質保証機能を統括する品質保証部門の配下に移しております。その各カンパニーの品質保証機能を統括する組織は、コーポレート(本社)品質保証部門の配下として、社長直轄組織といたしました。

            品質不適切事案の是正計畫の進捗狀況について
             2019年4 月25 日付けで公表いたしました再発防止策に基づき、「ガバナンス改革」、「製造工程能力?検査能力の適切な把握及びお客様のご要求仕様の検証等」、「品質コンプライアンス意識の向上」に取り組んできております。
             「ガバナンス改革」及び「製造工程能力?検査能力の適切な把握及びお客様のご要求仕様の検証等」につきましては、品質ガバナンスにかかる組織體制の整備を終え、この実効性強化の各施策に取り組んでいます。また、「品質コンプライアンス意識の向上」につきましては、本事案が発生した背景?原因の周知と品質コンプライアンス意識の浸透?向上のための教育を行ってまいりました。今後も継続的に教育を行い本事案の再発防止と意識の向上に努めてまいります。

            PAGE TOP

            男女一边摸一边脱一边亲视频,日本熟妇熟色在线观看牛仔裤,把奶罩推上去直接吃奶头